採用ホームページにWEBマーケティングの手法を取り入れ、
媒体費3割削減

イオンディライトセキュリティ様 

Before
  • 計画性なく、人材が足りなくなっていたら募集をかけていた
  • 自社の採用ホームページを利用
After
  • ホームページ応募比率が向上し、媒体費3割削減
  • SMS活用で応募者対応スピードUP
  • 採用動画で先行者利益を狙う

イオングループのショッピングセンターなどの商業施設を中心として、ホテル・病院等のセキュリティを担うイオンディライトセキュリティ様。採用に関しては、計画性なく、人材が足りなくなっていたら募集をかけていた状況でした。警備の仕事にイメージが沸かない人も多いなかで、イオンディライトセキュリティ様は地道に取り組みを行い、高い応募率を獲得しています。

2019年にリクオプで採用ホームページを公開。リクオプを導入した経緯、導入後に取り組んだこと、今後の展望まで。採用教育部長の片岡様にお話を伺いました。

【取材日:2022年5月】

導入のきっかけ、採用ホームページを運用するに至った経緯

もともと自社の採用ホームページを持っていましたが、応募者管理が使いにくく、リクオプが良いと聞いて問い合わせたことが導入のきっかけです。採用ホームページ・管理画面で求人募集も管理も両方できることが良かったので、社長のOKをいただけました。

求人メディアに掲載する場合は原稿を書いてもらえますが、採用ホームページは自分たちの手で作っていけることに利点を感じます。求人メディアは安くても5万円はかかる。一方でリクオプは募集ニーズがあった際に、スピーディーに求人原稿を公開することができます。IndeedやSEOに対応していく中で、WEBマーケティングの世界にたどり着き、認知・流入を増やそうと思うと、そこの手間を省いていては集めることができません。

地道な取り組み
-WEBマーケティングの実践

求人原稿書くときには、仕事を探している人の気持ちに憑依します笑(ペルソナ設定、3Cの顧客)。どうしても企業側は、自分たちが伝えたい情報を載せたがってしまいます。本当にその情報が求められているのか、相手の立場に立って組み立てていくんです。

ずっと意識しているのは、ライバルは警備会社ではなくてコンビニ・居酒屋の店長である、ということです(3Cの競合)。そことどう戦うか、決してコンビニ・居酒屋でなくてはいけないわけではなく、仕事をする上でどっちを選んでもらえるか、楽しそうか・働きやすいか・待遇がしっかりしているか、といったことが表現できているかを意識しています。

それから、やらなくて良いことを書きます。お店だったらお客様対応がありますが、物流センターだったらお客様対応不要、など(3Cの自社)。少しでも求職者がイメージしやすいように工夫しています。

応募者対応のスピード対応を徹底、採用動画の取り組みも

●応募者対応をSMS活用で迅速に

たとえば、競争相手を居酒屋とした場合。仕込みの前までに応募者へ電話されてしまう、その前に対応する必要があります。
連絡の際には、まずSMSを使ってメッセージを送るように徹底しています。理由は、対応数・反応数(既読・未読)も追うことができるからです。

●採用動画はブルーオーシャン。先行者利益の観点で導入

警備業界自体、存在が知られていないことに課題感を持っています。認知をしていただくためには、仕事探す人がスマホの中で何をしているか。多くの人はYou Tubeを見ているはずなので、そこには出しておかないと、と考えました。さらに、競合他社は求人でYou Tubeを使っていない現状から、先行者利益の観点と、どんな業界なのかを伝えないと、応募する前の段階で、候補に入っていけないのではないかと思っています。面接のときに動画をご覧になったか伺うと、半分以上は「見ました」といっていただけています。今後は、応募された方に「動画見てね」と促していくこともやろうと思っています。

求人メディア費の3割削減を実現、これからは多様な働き方の実現へ取り組みたい

ここまでの施策を地道に続けた結果、求人メディアにかかるコストを3割削減することができました。もちろん、ここで終わりではなく次のフェーズに向けての取り組みも考えています。

今後の課題は、働き方の多様性に対応することです。
こちらが決めるのではなく、働きたい人に寄せていく。たとえば、こちらが働いてほしい時間を提示するのではなくて、働きたい人の時間があれば、その要望に対応していく。

「女性は深夜働かない」と思ってましたが、メンバーの女性に聞くと、「いやいや、そんなことないですよ。子育てである程度手がかからなくなったら、晩ごはん食べさせて、深夜働きに出ていました」と。ということはライフステージで働きやすい時間帯は変わってくるはずだから、ちゃんとそれを認識して、それに合うような時間を提供する。

あとは多様性をわがままとしてとらえない、そういう要望で入ったのであれば限定で活躍いただければ良い。そんな事に取り組んで行きたいです。

イオンディライトセキュリティ株式会社

業種・企業情報
・その他
・1,000人以上

本社所在地 :大阪市中央区南船場2丁目3番2号 南船場ハートビル9階
設立: 2004年(平成16年)3月
従業員数 :1,788人(2022年2月期)
事業所・営業所数:9か所
事業内容 :警備業全般

サービスに関するお問い合わせ