採用ホームページを活用した「通年採用」で求人コストの大幅削減!応募増を叶える求人原稿の改善とは

ウエスト様 

Before
  • 有料求人メディアで人員募集を行っており、採用コストが高騰
  • 本部が応募者を確認し、FAXを使って店舗へ連絡していたため、面接設定までのリードタイムが発生
After
  • 採用ホームページに通年で求人を掲載しつつ、スポットで有料求人メディアを活用。メリハリのある採用活動で求人広告費を削減
  • 求人原稿の改善を行い、採用ホームページ経由の応募数が約3倍に
  • SMS通知機能を活用し、応募者対応のスピードアップを実現

福岡県に本社を構え、九州・関東エリアを中心に、うどん・生そば・焼肉・中華など多様な飲食チェーン店を展開するウエスト様。
パート・アルバイトの応募率低下が課題だったウエスト様は、2017年にリクオプを導入。採用ページを活用することで、採用ホームページ経由の応募数が2017年同月比で3倍にまで増加しました。

今回は採用担当者の方に、採用ホームページを活用した応募率の改善方法について伺いました。

(取材日:2022年8月)

有料求人メディアの広告コストが増大し、大きな課題に。

労働人口減少のあおりを受け、2016年ごろから多くの店舗で「応募が集まらない」と感じるようになっていました。サービス導入以前は自社の採用ホームページを持っておらず、応募を増やす方法は有料の求人メディアのみ。人手不足感が強まる中で、有料求人メディアの広告費だけがかさんでいる状況でした。

なかなか募集が集まらない店舗に関しては時給を上げるといった対応も行っていましたが、人件費を含むコスト面からも限界を感じていました。そのような状況下で2017年にリクオプを導入、現在はスタッフ募集から応募者対応までをリクオプを使って管理・効率化しています。

「採用ホームページ」と「求人メディア」をうまく使い分けて、採用コストを最適化する。

リクオプの中で特に採用コストの削減に効果があったのは、自社で求人情報を掲載できる採用ホームページを持てたことです。掲載期間の制限がある有料求人メディアとは違い、採用ホームページでは期間や掲載数に制限をかけずに求人を出し続けることができます。

リクオプを導入したことで「緊急度の低い求人は採用ホームページに無料で掲載し続ける」「緊急度の高い求人は期間を絞って有料の求人メディアを利用する」といったメリハリのある求人活動ができるようになり、採用コストを大きく抑えることに成功しました。

さらに「将来的に人が足りなくなりそうな店舗に対して、採用ホームページ上で先んじて採用活動を行う」といった動きもできるようになりました。採用コストが膨らむことを避けるために募集が後手に回っていた状況から一転、採用ホームページを活用した安定的な人材確保が実現できています。

採用ホームページ活用に可能性を感じ、求人原稿をブラッシュアップ。応募数が約3倍に。

採用ホームページと求人メディアを併用した採用活動を行う一方で、「いかに定着・活躍する人材を育てていくか」という観点から、人材戦略室や教育部門などと連携しながら全社的な人材戦略を策定しました。その中で、採用ホームページの強化が重点施策の一つに。「当社で働くことの魅力・メリットを求職者へ効果的に伝える採用ホームページを構築する」という方針を立て、求人原稿のブラッシュアップに取り組みました。

採用ホームページのオープン時は、一つの求人原稿のテンプレートをそのまま使い回していました。しかし、求職者にとって魅力的な求人を作るには、ターゲットごと・店舗ごとに具体的な魅力を訴求するのが重要です。うどんや焼肉・中華などの業態ごとに原稿を書き分けるのはもちろん、一つの店舗に対して学生・主婦・主夫・シニア・フリーターなどのターゲット別に原稿を作成し、当社の魅力を伝えるようにしました。

また、求人検索エンジンのIndeedで上位表示されるためにタイトルや求人原稿も工夫することで、Indeedからの流入も獲得できるようになりました。店舗の担当者やリクオプの担当者の方にもサポートいただきながら試行錯誤を重ねた結果、2017年同月比でアクセス数は約2倍、応募数は約3倍にまで増加。現在、採用ホームページ経由の応募数・採用数は、当社独自の友人紹介制度(リファラル採用)に次いで2番目に高い効果を出しており、他の有料求人メディアを上回っています。

現在は自社採用ホームページを持つ企業さんがどんどん増えており、世の中に流通する求人の量も増えています。そんな中でも他の求人に埋もれない、魅力的な求人原稿作りに引き続き取り組めればと思っています。

次のミッションは面接設定率の向上。スケジュール機能やリマインド機能で応募者の離脱を防ぐ。

リクオプを導入したことで、スタッフ募集だけではなく、応募者対応のあり方も変わりました。現在はシステムにアクセスすれば応募が来たかどうか簡単に確認できますし、SMS(ショートメッセージサービス)を使って現場の採用責任者の携帯に応募が来たことを直接通知できます。これにより、本部の人事担当者の情報連携の負担が大きく軽減されました。

SMS通知の機能を店舗で周知するとともに、応募者対応の重要性を店舗の責任者に定期的に通達。「時間帯を変えて、3回必ず連絡する」というルールを徹底してもらうことで、採用面接設定までのリードタイムが平均7〜8時間ほど短縮されました。

応募者対応がある程度スピーディーにできるようになったので、次のステップとして面接設定率を向上させるための取り組みを行いたいと思っています。応募者がwebページ上で簡単に面接の日程調整ができるスケジュール機能や、当日キャンセルを減らすための応募者へのリマインド機能はぜひ活用していきたいですね。

株式会社ウエスト

業種・企業情報
・飲食
・1,000人以上

本社所在地:福岡県福岡市博多区三筑1丁目5番8号
事業内容:フード事業(焼肉・うどん・そば・中国料理・和食各種・カフェ)
設立 :1966年3月
社員数:259名(社員数)
店舗数:180店舗(2022年10月時点)

サービスに関するお問い合わせ