コンテンツページ制作&LPO

コンテンツページ制作&LPO

求職者のニーズや興味・関心に合わせたページを作り、応募効果を高める
●コンテンツページ制作でアクセス数を増やす
●ターゲット層にアプローチ

  • 応募者増加
  • 応募者対応効率化
  • 面接率・採用率の向上

BENEFITS(導入メリット)

  • ストーリーを伝える! 会社や仕事・働く人の魅力をコンテンツページで表現
  • LPO(ランディングページ最適化)でターゲット層にアプローチ

Example(活用シーン/課題シーン)

  • 採用ミスマッチを減らしたい
    仕事内容や職場環境を求職者にしっかり届けたい
  • 広告と連動して採用効果を高めたい
    イメージが先行して仕事内容が正しく伝えられない…

スタッフインタビューやお仕事紹介はお任せください!ページ追加制作でアクセスアップ

就業中のスタッフのインタビュー記事やお仕事紹介など、取材をともなうコンテンツの制作で3つの効果が期待できます。

<1>検索エンジンからの評価が高くなる
採用ホームページ全体のページ数、文章量が増えることで、Yahoo!やGoogleからの評価が高まります。たとえ数千ページあったとしても、ある程度は似通った内容となってしまう募集要項ページとは異なり、取材記事は全く新しく書き起こす文章となるため、「オリジナリティの高いコンテンツ」として、Yahoo!やGoogleの高評価を得やすい傾向にあります。

<2>キーワードの幅が広がりアクセス増が見込める
募集要項ページには盛り込むことが難しい、様々な一般名詞や他業界他業種を表す単語を自然に記載できるため、Yahoo!やGoogleの検索結果にヒットするキーワードの幅を広げ、採用サイトのアクセス数を増やす効果が期待できます。

<3>求職者へ適切なメッセージで訴求できる
採用ホームページに来訪した求職者に対し、応募前・応募後にお店やスタッフの雰囲気を詳しく伝えることによって、就業へのモチベーション向上や応募動機形成などが期待されます。

採用したいターゲットが訪れる入口のページをつくる

応募者が最初に訪れるページ(ランディングページ=LP)を制作し、 さらにそのページの応募効果が最大化するように、文章、デザイン、ボタン等を工夫・改善する ランディングページ最適化(LPO)。ターゲット層に合わせたキーワードで検索上位も狙います。

貴社の採用ホームページを店舗に例えた場合、キーワード検索結果一覧やネット広告は、看板。ランディングページはいわばエントランスです。 求職者は、看板(検索結果)からエントランス(LP)を見て、自身のニーズに合っていると感じれば店舗の中へ進んでくれますが、「違う」と感じた場合は店舗へ入らずに帰ってしまいます。採用したいターゲット層に特化した入口ページを作ることで、より確実に採用情報を見ていただく機会を増やします。