外国人採用から売上UP! 
トップページ ▶ 気になるビザや採用基準は?

気になるビザや採用基準は?

就労ビザや条件の手続き

外国人の就労条件は、ビザの種類によって大きく3つに分類されます。

1. 定められた範囲で就労が認められる在留資格
ビザの種類 教授、芸術、宗教、報道、投資・経営、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術、人文知識・国際業務、企業内転勤、興行、技能、技能実習
2. 原則として就労が認められない在留資格
ビザの種類 文化活動、短期滞在、留学、就学、研修、家族滞在
3. 就労活動に制限がない在留資格
ビザの種類 永住者、日本の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者

お問合せはコチラ

「留学」や「家族滞在」のビザでも条件付で就労可能!

就労ビザを持たない留学生や家族滞在の方であっても、条件によって働くことが可能です。

1週間のアルバイト時間 大学等の長期休業中のアルバイト時間
大学または専門学校の留学生 1週間につき28時間以内 1日につき8時間以内
家族滞在 1週間につき28時間以内

お問合せはコチラ

採用基準はどうするか?

求める資質を整理する

採用の基準が、語学>スキル・適性になっていませんか?
仕事を進める上で必要な条件を改めて考えることで、雇用機会の損失といった事態を回避できる可能性があります。

お問合せはコチラ

どうやって応募を集めるか

習得の難易度

外国人の求職者の方々が、日本での仕事に「応募ができない」最大の要因が、「求人情報が日本語」であること。話す、聞く、はできても、読む、書くが苦手な外国人の方には、応募ができない大きな障壁となっています。
この壁をなくすことによって、応募を増やすことを実現します。

お問合せはコチラ

多言語の求人原稿を作れます。

▲採用ページ多言語翻訳 TOP